さいたま市北区宮原大成見沼区東大宮西区指扇の学習支援型放課後等デイサービス。自閉症/ADHD/LDなどの発達障害のお子さんの療育施設です。

PECS(ペクス)

絵カードを使ったコミュニケーション〜PECS(ペクス)〜

TEACCHのページで述べた通り、発達障害を抱える子どもたちの多くは「視覚的な情報」の方が吸収しやすいという特徴を持っています。
これは子どもたちから情報を発信する場合にも当てはまります。なぜならば、自分の言いたいことや伝えたいことはどれも「目に見えなないもの」だからです。

通常、相手に伝えたい事を頭の中で思い描き、筋道を立てて言葉に発するという行為は無意識のうちに行われますが、発達障害を抱えた子にとってはこの一連の流れが困難な場合があります。
そうすると自分の意思を伝える(自己主張)の機会がどんどん失われ、自信喪失や引きこもり等へと発展してしまうことも考えられます。
しかし、言葉にして相手に伝えるのは難しくとも、絵を介してならば伝えることができます。これがPECSと呼ばれるコミュニケーション方法です。

PECSPicture Exchange Communication Systemの略で、日本語では「絵カード交換式コミュニケーションシステム」となります。

自分が欲しいもの・したいことが書かれたカードをスタッフに渡すことからはじめ、次第に絵カードを並べて短い文章を作ったり質問に答えたりして段階を踏み、最終的には絵カードを使わずにコミュニケーションがとれるようになることを目標としています。

★PECSを用いたスモールステップ

STEP1 絵カードを見せて自分の欲しいものを伝えてみよう(言葉を発しなくてもOK)

STEP2 絵カードを並べて短い文章を作ったり、質問に答えたりしてみよう

STEP3 絵カードを使わずに自分の考えを伝えてみよう

お気軽にお問い合わせください TEL 048-788-3953 10:00〜19:00[日曜除く]

PAGETOP
Copyright © 放課後等デイサービスあすぽーと All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.