2015年11月OPENのあすぽーと。2015年が終わりました。

11月にさいたま市北区、宮原駅そばでOPENした「あすぽーと」。

学習塾運営の経験を活かし、地域にもまだまだ少ない「療育・学習支援のプログラムに特化した放課後等デイサービス」として、発達に遅れや心配があるお子さんを持つ保護者の方に少しでも安心してもらえる事業所を、という思いで立ち上げました。

おかげさまで沢山の方に通っていただき、現在もお問い合わせ・面談・体験の予約が毎日頂いている状況です。

11月、12月のわずか2ヶ月でこれだけの反響を頂けるとは思っておらず、大変嬉しく思います。

こちらの記事では主に写真を中心にあすぽーとの活動を振り返りたいと思います。
(プライバシー配慮の観点から写真は加工してあります。)

学習支援

学習支援5 

あすぽーと最大の特徴がこの「学習支援」です。

およそ13年間、埼玉県内でアップステーションという個別指導専門の進学塾/学習塾で指導をしながら、沢山の発達障害のお子さんと接してきた経験を活かして、生徒たちの学習支援や従業員の研修にも力を入れています。

学校の宿題のサポート・指導はもちろん、苦手単元の補修や学校の先取り授業などおよそ学習塾に求められている事はほとんどあすぽーとでも提供することができます。

学習支援3

学習支援4     

学習支援2   

創作・SST・集団あそび

キャプテンリノ

かといって勉強だけしているのでは放課後等デイサービスの支援とは言えません。

勉強面で不安を抱えているお母さんとしては嬉しい部分ではあると思いますが、やはり実際に通うのは子供達です。
まずは子供達が「毎日放課後に通って楽しい居場所」これが大前提です。

友達ができる、友達と遊べる、スタッフと遊べる、好きな活動ができる・・・

このような部分がベースにあり、そこに「苦手な事」の練習も加えていきます。

リース作り2

クリスマスにはリースを作ったり・・・

お昼の買い物

土曜日や冬休みのランチの時間は、近所のスーパーにお買い物に行ったりもします。
普段はお弁当の持参をお願いしていますが、外で買い物をする事も練習です。
何よりも生徒達が「お買い物」になると楽しそうで楽しそうで・・・笑

創作活動

できるだけ様々な季節感を感じられる創作活動も取り入れていきます。

手先が不器用な子にとってもは少しでもこのような創作活動・工作活動を通して手先を使う練習をしていきたいですね。

門松

画用紙と折り紙だけで門松ができました!
みんなお家に持って帰って飾っています。

創作活動2

こちらは紙粘土を使ってお正月の飾り作り。

お正月の飾り

みんないい出来ですね!

イチゴリラ

神経衰弱のようなメモリーゲーム「イチゴリラ」。
短期記憶の練習と「勝ちへのこだわり」が出がちな自閉症の生徒には何回も取り組んで「勝つ事もあれば負ける事もある」このような経験に慣れてもらいます。

よく聞くかるた04

こちらは以前ブログで紹介した「よく聞くかるた」ですね。
まだ小学校に上がる前の年長さんが沢山体験利用で来られましたが、そのような子達に大人気でした。

イベント

お出かけイベント1 

学校がある平日は「学習支援と創作・SST・集団あそび」を中心にプログラムを進めますが、土曜日や祝日、長期休暇は様々なイベント行いました。

「バスや電車に乗って、少し離れた場所に出かける」ことは支援が必要な子達にとっては大事な経験です。

フードコートでお食事

ショッピングモールのフードコートで「自分で注文してお金の支払いをする」ことなども練習してもらいます。

みんなで外食は楽しいですよね!

クリスマス会

こちらはクリスマス会です。

うねうね公園

平日はどうしても教室内での活動が多くなりますが、やはり外で体を動かしたいもの。

近所の公園に出かけて積極的に外遊びをしています。

大縄跳び

あすぽーとの近くには「うねうね公園」という大きな公園があるので沢山遊べますね!

2016年もよく遊び、よく学びましょう

というわけでいくつか写真をピックアップし、あすぽーとの活動を振り返ってみました。
本当にみんな楽しそうで嬉しいです。
さらに苦手な工作やゲーム、勉強も頑張っています。そして確実に、ステップアップしています。

私たちスタッフも生徒達の素直な眼差しや表情にいつも癒されています。

来年2016年も沢山の子供達に出会えることを願います。